ハワイより愛をこめて | シネマ日記

人生はシネマのようなもの。ハワイはオアフ島在住の主婦が大好きな映画のことや日常について綴ります

グレイヘア2

f:id:hawaii007:20180625182000j:image

 

昨年6月から髪の毛を染めていないのでもう1年以上髪を染めていないことになります。その前もずっとグレイ(いわゆる白髪)にしていたのですが、昨年5月に日本に里帰りしたとき家族から「なんだその頭は?」「早く染めろ! 」と怒られ到着した翌日に染めに行かされました。

 

ですがまたこちらに戻って来てから一度も染めていないので、かなりグレイになってきました。ロングにしているので下のほうはまだ茶色ですがショートにしたら全体的にグレーかしらね。写真で見ると後ろ姿でも私だとすぐにわかる感じです。

 

先日数ヶ月ぶりに美容院に行った時、美容師さんに「2年ほど前に友だちに買って来てもらった日本製のヘナがあるので染めてみようかな(友だちが良い感じだと言っています)」と相談してみましたら、美容師さんから意外な答えが。

 

「そしたらまたこれからずっと染めなきゃいけなくなりますよ。今の感じがせっかく揃ってきてるし、髪もだいぶ強くなったのでそのままの方が良いと思います」と慰められ(?)カットだけしてもらいました。

 

がしかし、時々鏡を見たら自分がおばあさんに見えてハッとする時があります。

 

現在、グレイヘアだと困ることと言えば…

 

難点

◎服が何でもは似合わない、特に可愛らしい服。

◎帽子(キャップ)がとても似合わなくなった。出ている毛が白いのでなんか不自然。

◎店の人からシニアディスカウントがありますよと言われガッカリする(だいぶ慣れたけど)

◎アップにすると(ほとんどそうしている)前髪の切れ毛がピンピン出てきてボサボサ頭に見える。

◎会社勤なので身だしなみが悪く見られるかも?

 

良い点

◎シニアディスカウントがもらえる(笑笑)

◎髪の毛がだいぶ元気になった

◎ナチュラルでケミカルフリー

◎たまにオシャレで素敵と言ってくれる人もいる(ホントかお世辞か?)

 

ちなみにシニア割引に関しては、アメリカでは55歳以上でもらえるレストランが多いです。場所によっては60歳以上のところもありますけどね。

 

最近は前の方真っ白なので、お店に行くと店の人が親切に(?) 教えてくれるようになりました。だけどアメリカのお店って「シニアディスカウントありますよ」って客に教えてあげるのはいいけど、それってお客様に失礼じゃないかな?って思うんですけど。

 

最初言われた時は私もガックリしましたよ。55歳になってたとしても 絶対それ以上に見えるんだろうなとネガティヴに考えますし、しばらくの間ショックできちんと髪の毛を染めるようにしました。

 

ハズバンドに「アメリカのお店は失礼だよねっ!日本じゃお客様にそんなことは口が裂けても言わないよ」と言ったら、「親切に教えてくれてるんじゃないかな、割引なんだから『はいそうですよ』って言ってもらっとけばいいじゃないか」って言う。

 

「いや、女性はエージに関してデリケートなんだよ、そんなこと言われてもし違ってたら、いや当たってても怒る人とかいないのかな?」と私。

 

なんでもポジティブなアメリカ人はそうでもないのかな?

 

同僚はまだアラフォーなのにディスカウントショップの「ロス」でシニアディスカウント使いますか?と聞かれたらしく(ロスはちなみに55歳以上は火曜日に割引もらえるらしいです)「違います!」って怒ったって言ってたし。

 

シニア割引欲しい人はわざわざ教えてあげなくても自分から下さいって言うだろうし、アメリカのカスタマーズサービスの教育にちょっと問題ありだと思うけど違うかしら? 

 

ところで最近 髪を染めない人が日本でも増えているらしいですね。ピンタレストで検索したらデザイナーの島田順子さん(70代ですが)の写真が出てきてカッコ良かった。それと最近インスタでフォローしてる米国のファッションブロガー、@iconaccidental という60代の女性が超オシャレで素敵。

 

https://instagram.com/p/BkSSgd4Bxa8/

 

やっぱり白髪にするならボサボサ髪にノーメーク、ビーサンでコストコなどをウロウロするのじゃなくて、オシャレして赤い口紅やらメークもきちんとして胸をシャッキとはって颯爽と街中を歩かなければいけないですかね。出来ればハワイとかじゃなくてニューヨークなんかの都会が合ってるような気がします。

 

まずはお肌と髪の手入れからですね。あと姿勢をよくして洋服が着こなせるように運動(汗💦)

 

あらもう夜中の12時過ぎました。夜更かしはお肌の大敵、加齢に影響するみたいなのでもう寝なきゃ。

 

明日から島田順子さんを目指して私も頑張ります。

 

#グレイヘア #白髪 #ハワイ #アラフィフ #エージング

シェイプ・オブ・ウォーター(アカデミー作品賞&監督賞)

f:id:hawaii007:20180308172957j:plain

 

シェイプ・オブ・ウォーター(Shape of Water)

2017年 ドラマ/ファンタジー 

監督 ギルレモ・デル・トロ

主演 サリー・ホーキンス

ストーリー:半魚人男と聴覚障害の女性の恋物語。

 

◇アカデミー関連/アカデミー候補2本 「ファントムスレッド」&「Darkest Hour (原題)」(ネタバレあり)

◇アカデミー関連/アカデミー候補 ③ ダンケルク(Dunkirk)

 

今年のアカデミー賞の作品賞と監督賞を取りましたね。私はもう一本の「スリービルボード」が良かったんだけど、でも大体予想はついていました。

 

一昔前のヒット作品で人魚のダリル・ハンナとトム・ハンクスの恋物語「スプラッシュ(1984)」や「美女と野獣」を合わせて成人向きにしたような、ロマッチックなファンタジー映画です。バイオレンス、ヌード、性的、など刺激の強いシーンも多々出るので子どもさんには見せないで下さいね。

 

「パンズ・ラビリンス」や「ヘルボーイ」のギルレモ・デル・トロ監督作品で、パンズ・ラビリンスと共通点もたくさんありました。一見か弱そうだが真が強く勇敢なヒロインと心優しい怪物の交流、弱者に権威を振りかざすヴィラン(悪人)、差別や偏見、善と悪について両作品で描かれています。

 

個人的には、「パンズ・ラビリンス」のほうが好きです。上映された時に家族で嵌りましたが、ファンタジーという面でも遥かに美しいし、ラストも泣けた。おすすめです。今回の受賞できっとまた注目されると思いますが、「パンズ・ラビリンス」を観てからこの映画だったので期待が大きすぎたかも? 

 

でも主演女優のサリー・ホーキンスは良かった。容姿ともに大人しくて目立たない感じだけど個性が光る素敵な女優さんだと思います。主演女優賞にもノミネートされていましたが、残念ながらスリービルボードのフランシス・マクドーマンドに持って行かれてしまいました(これは仕方ない)。これからの活躍が期待できます。

 

私の周りでは「この映画は苦手」という人が多かったです。映画オタクの次男は「ただのエンタメ」だと言い放つ。私も実をいうと途中少し眠かったです、クライマックスのほうでだんだんと調子が出てきましたが。

 

しかし、デル・トロの映画には「ただのエンタメ」以上に何かもっと大切なメッセージが含まれているのでは?と考えてみた時、それは愛や孤独ではないかと思いました。「パンズラビリンス」では孤独な少女、そして本作品では孤独な女性が人間より怪物に共通点を見つけて互いに心を開き友情が芽生える。それとダイバーシティ(多様性)。人種を超えた愛や同性愛はもはや一般常識ですからね。それ以上に心を開けるならエイリアンでも何でもOKなのです。と考えるとちょっと...と思ってしまいますが。

 

監督のデル・トロはかなりのファンタジーオタクのようですが、彼の作った映画を観たら(まだ3作しか観ていませんが)、彼自身が寂しい人、もしくは虐められた過去があるとか、孤独な主人公のキャラクターに監督の思い入れがあるように思えてなりません。もしくはただの筋金入りおたくかもしれませんが。

 

#シェイプオブウォーター #アカデミー賞 #サリーホーキンス 

 

youtu.be

 

アカデミー候補 ③ ダンケルク(Dunkirk)

 

f:id:hawaii007:20180303184832j:plain

 

 

今週日曜のオスカー作品賞授賞式まで、全米のリーガルシネマで作品賞ノミネートの映画が全て、(リーガルクラウン無料会員のみ)一本$5で観られるというイベントが開催されています。

 

なんて素晴らしい企画なのでしょう。昨年のハリウッドは醜いスキャンダルのおかげで、アカデミー賞のビューが懸念されての対策でしょうか?

 

どうでも良いけど、チャンスとばかりに、すでに先週から3本観てきました。それも普段は14ドルもするリクライニング式チェアのシアターで(嬉)! こんなに映画にどっぷり浸かるのも久しぶり。幸せ〜! まずはこちらを観てきました。

 

ダンケルク。今年のノミネートの中では興行収入 ナンバー1の作品と言われています。監督は「バットマン、ダークナイト」や「インセプション」のクリストファー・ノーランで、「ダンケルク」は彼の作品の中では最高という評価も得ています。

 

ところで、話題作だったわりには映画館の観客は私を包めてたったの4人のみ。しかも隣の席のおじさんは途中で帰ってしまってたし。まあ数ヶ月前に上映されていたせいもあるのでしょうが、おかげて最新ハイテクシアターの特等席で悠々と鑑賞する事が出来ました。

 

 

youtu.be

 

題名:Dunkirk(ダンケルク)2017年 106分

監督:クリストファー・ノーラン

主演:フィオン・ホワイトヘッド、トム・ハーディー

 

 

ダンケルクの感想

戦争映画はあまり好まない私だがこの映画は良かった。普通の戦争映画とはちょっと違う。何が違うかといえば、戦うシーンより逃げ惑うシーンがほとんどである。戦争ものというより人間ドラマ。台詞は少なく、字幕なしでもアクションを観ているだけで大体何が起っているかつかめる。

 

ストーリーは、太平洋戦争勃発時にヨーロッパで権勢を振るっていた、ヒトラー率いるナチス軍がフランスを占領し、戦いに敗れた英仏兵を「ダンケルク」という場所で救出する超ミラクルなダイナモ作戦を描いたもの。登場人物はほとんどは架空だが、歴史的な事実に基づいた本当の話である。

 

ウィンストン・チャーチルと時代が重なるため、2週間前に観たチャーチルの映画「Darkest Hour」がまだ記憶に新しい私にとっては、余計に興味深かった。というより、チャーチルを観てダンケルクに興味を持ちこの映画を観ようと思った。歴史好きはともかく、私のように歴史に疎く「ダンケルク」のことを知らない者には、「Darkest Hour」でわからなかった部分をこの映画が説明してくれるのでスッキリする。

 

クリストファー・ノーラン監督らしい、始まりからラストまでグレーがかりどんよりした世界観が味わえるも、ラストは予想外に爽やかでそれもまた良かった。ツッコミどころは、生き残った兵士がイケメン揃いで(映画だから仕方がないとはいえ)、あとトム・ハーディだけがスーパーヒーローのようにカッコ良すぎるのが違和感があった。

 

軍隊だけでなく民間の漁船までが出動した、ダイナモ作戦の事実に感動した。ダンケルクの戦いとチャーチルについて、両作品でこのようにポジティブに描かれているということは、勝利せずとも(結果的には勝利だったが)、イギリス人にとっては栄誉ある歴史だったに違いない、と歴史に疎いわたしが思った。誇り高いと言われるイギリス人の不屈の精神が描かれていたと思う。

 

 

別れ

f:id:hawaii007:20180218195958j:image

 

今年はお別れの年になりそうです。今週は同僚がふたり退職しました。

 

ひとりの子は職場の私の机にメッセージを書いた絵葉書を残してくれていました。ロンドンのバッキンガムパレスの写真がついたポストカードには、在職中のお礼と、写真は自分がイギリス旅行に行った時に撮影したお手製のカードだと綴ってありました。以前私と話した時に私がロンドンが一番好きな場所だよ、と言ってたのを覚えてくれていたみたいでその心遣いがすごく嬉しかったです。

 

もうひとりの同僚は、オフィス最後の日に挨拶に来てくれて泣いていた彼女を見てハグして胸がいっぱいになり私まで泣いてしまいました。家に帰ってから携帯にメッセージで「一緒に働けて楽しかった、お母さんみたいにいつも気にかけてくれてありがとう」と書いてありました、「お母さんみたいに」はやっぱりか(笑)…と思いましたが嬉しかったです。(うちの子と同い年くらいなので)

 

同僚が巣立って行くだけでもこんなに寂しいのに息子が旅立つときは大丈夫なのだろうか 私?想像するだけで涙が出ます。きっと大泣きしてしまう、嫌だなあ。頑張れ私です。

 

 

アカデミー候補2本 「ファントムスレッド」&「Darkest Hour (原題)」(ネタバレあり)

youtu.be

今年のオスカー候補の作品2本を観てきましたのでご紹介します。

 

f:id:hawaii007:20180218204738j:image

 題名:ファントムスレッド(2018年) 2時間10分

監督:ポール・トーマス・アンダーソン

主演:ダニエル・デイ-ルイス、ヴィッキー・クリープス

 

一本目は、「Phantom Thread(ファントム・スレッド)」。
華麗〜❤️美しいものを見たいならこの映画を観てください!1950年ロンドンの上流階級の高級オーダーメイドのドレスの数々が美しい〜!

 

そもそも私がこの映画をみたいと思った理由は、ダニエル・デイ=ルイスの栄えあるリタイアメントのラストムービーだということはもちろんありますが、それよりも映画を観た人々の酷評です。たまたまFBに上がってきた映画紹介のコメント欄のトップに、「映画が終わった後で観客がみんな顔を見合わせて笑っていました、あのラストは何だったのでしょう?誰か教えて下さい」というのが目に留まり他の評も読んだのですが、多くの人が同じような事を書いていました。中には「これがダニエルの最後の映画とは残念」と書き込んでいる人もいました。

 

あらダニエル様、そんな酷いラストなの?(笑) 実はそれまで観に行こうかどうか迷っていたのですが、そこまで言われると観たくなるのが人の心理。そんなんで観て来たのですが。。。

 

そのアメリカ人にはとことん受けが悪かったラストですが、私的には嫌いではなかった、というのが正直な感想です。ハッピーエンドとも悲恋ともとれる、なんとも言えない異常な愛の形はむしろ日本人受けするのかもしれませんね。

 

前半の甘ったるい部分から、後半になるにつれスリラー化し、最後のあたりは「もうホラー映画では!?」...と思わせるラストのどんでん返しが良かったと思いました。

 

一緒に観に行った息子は、「ラストが一番良かった」とまで言っていました。

 

恋人からまるで奴隷のように扱われていた女が次第にゲームのコツをつかんで挙げ句の果てには逆転し彼を奴隷にしてしまう。恋愛、男女はインヤン(陰陽)だとも言われていますが、まさにこの映画がそれを表現していると思いました。サディステックな愛の形が、ダニエル・ディ=ルイスのフェアウェル(引退)にぴったりだと思った筆者でした。

 

しかし、ダニエル様は幾つになってもカッコいいです。もうスクリーンで観れないかと思うと寂しい。おじいさんになっても演じて欲しかった。あ、前回引退してイタリアの靴職人になった時には戻ってきてくれたのでまたそれを期待しています。

 

あと主演の女優さん(ヴィッキー・クリープス)は、今回初めて観ましたが、田舎の赤毛の素朴な女の子がいったんドレスを身に纏うと目に眩しいほど美しく輝き、上流階級の中で蛹から蝶へのようにクラシィに洗練されていく様は、ナチュラルで自然体の彼女に適役でした。長身で骨太になまりのある英語、ドイツ系かなと思ったらルクセンブルグ人だそうです。角張った意志の強さを感じさせる男顔、昔のドリュー・バリモアを彷彿させる古典的で品のある風貌と、鋭い演技力は今後が期待できる女優さんだと思います。

 

youtu.be

 原題:Darkest Hour(2017) 邦題:ウィンストン・チャーチル、ヒットラーから世界を救った男 2時間5分

監督:ジョー・ライト

主演:ゲーリー・オールドマン、クリスティン・スコット・トーマス

 

2本目は「Darkest Night(ダーケスト・ナイト)」です。こちらは昨年映画館でトレイラーを観た瞬間から観たいと思っていました。理由はやはりゲイリー・オールドマンの変身っぷりです。

 

ストーリーは、第2次世界大戦中にヒットラーに勝利を取られていた当時イギリスの首相、ウィンストン・チャーチルの苦悩を描いた作品です。いや〜ストーリーはだいたい想像がついていたので良いとして、ゲイリー・オールドマンの演技はスゴかったです。

 

「裏切りのサーカス」の時もその変貌ぶりに驚きましたが、今回はほんとうにスゴい!(スゴいの連発でごめんなさい、笑) オースティン・パワーズのDr.イーブルに見える瞬間も数回ありましたが、いやそれ以上に、もうオスカーの主演男優賞はあなたに決定です!(って2本しか観ていないんですが)。

 

どちらもおすすめです。

 

f:id:hawaii007:20180218205058j:image

 

 

子どもたちに変化

今月は夫が家を空けているし、わたしも最近仕事が忙しくて帰りも遅いのだが、今日は帰宅すると次男が夕飯を作って兄弟で食べていた。肉を焼いてサラダも作ってたようだ。

 

このところ毎日残業でご飯たべれなくて可愛そうだって思ってたら、ちゃんと自分で作ってる。次男は今週超早起きして弁当も学校に作って持ってってるみたいだ。弁当作ってジムでトレーニングしてから学校へ行く、バスでだ。しかも楽しんでやっているいる風。

 

どういう風の吹き回しか、とはこういう事を言うのか。もし長続きしなくても良い試みだと思う。頑張れ!  成人だと言ってもまだまだ子供っぽいと思っていたが この子たちも 少しずつ成長している。

 

ついでにわたしのディナーもあったらもっと嬉しかったかも。取り敢えず残りのサラダをがっついた。

 

 

 

1月13日(土) ハワイ、核攻撃をサバイブ

 f:id:hawaii007:20180114113543j:image

 

1月13日(土)、歯ぎしりでもしていたのか寝ている間に前歯が少し欠けてしまった。朝8時ごろ起き一番に歯科に予約の電話を入れ、携帯を置いた途端ブザーが鳴りだす。警報のように怪訝な音!? 

 

こんな良いお天気なのにまた大雨注意報か? と呑気に携帯を見てみると、

一瞬目を疑った。

 

BALLISTIC MISSILE THREAT INBOUND TO HAWAII. SEEK IMMEDIATE SHELTER. THIS IS NOT A DRILL. (弾道ミサイルがハワイに向かって打たれた模様。直ぐ安全な場所に非難してください。これは訓練ではありません)

 

とある。

 

訓練ではありません⁉︎

ってことは、核ミサイルがハワイまで来てるの? 今?? えーーーどうする??

 

慌ててシャワーにいる夫を呼ぶと、サイレンは鳴っているかと聞くので窓を開けて耳をすますが弾道ミサイル警報のような音は何も聞こえない。ならば多分大丈夫だろ慌てるな、という夫。

 

外は良い天気で核爆弾が来ているような緊迫した雰囲気はみじんも感じられないのだが、テレビには同じような警告がタラップで流れている。

 

こんな時って15分くらいで地下とかに避難しなきゃいけないんだよね? どうしよう?  などと思考を巡らすうちに5分は経過。するとジムに行っていた長男から電話が来た。

 

長男「お母さん、今核爆弾の警報が出てるから解除されるまで家からでちゃ絶対ダメだよ、僕もジムにいるから」

 

私「うんわかった気をつけてね」

 

シャワーから出て来た夫は座って何もないかのようにテレビのサッカーを見ている。私はといえば、どうしてもバスでジムに行くと聞かない次男に「危険だから止めなさい!」と怒ってたら、夫からもう大人なんだから好きなようにやらせろ、と言われたりしてすでに15分くらい経過していた。

 

怒りながらFBで他人の情報をチェックしていると誰かのスレッドに「この警報は間違いです!」という投稿を見つけ喜んでいたところ、しばらくして警報が解除されたという知らせがテレビのタラップで流れた。最初の警報が出されて38分後のことである。

 

解除されたので歯医者に行き、歯科助手の女性と「怖かったよね〜」と話した。その女性の旦那さんが米本土にいる娘さんに電話で「愛してるよ」と伝えて泣いたという話を聞いた時、初めて事の重大さを感じた。笑い事じゃないんだって思えた。

 

それだけ私は緊張してなかったってことか? 核爆弾が近づいている警告があったにも拘らず危機感が感じられなかったのは何故だろう? 友人の中には死ぬと思ったという人もいたが、勘というものが働いたのかどうかは謎だがこの時私には「死」というものが全く感じられなかった。

 

外を見れば良い天気で暖かくて平和そのもので核攻撃とは無縁のようだった。ご近所もガレージ開けっ放しのお家もあって何も普通と変わりがなかったし、隣の若者は何が起こってるの?とうちに聞きに来てた。我が家は丘の上にあってもちろん地下室などもないしこの小さな島でどこにも逃げられないという一種の諦めもあったかも。

 

後でニュースを見たらホノルルはパニック状態のところもあったようだ。マンホールに子どもを避難させている親の動画がシェアされ、俳優のジム・キャリーもこの非常事態にタイムリーに(?)ハワイ入りしてたらしく、「朝起きたら後10分の命だった」とツイートして後日ニュースで話題になっていた。

 

今回人それぞれ色んなリアクションがあったようだが私の周りの人たちはこんな感じだった。

 

●核爆弾が来たらどうせこの島は沈没すると思いベッドに戻り二度寝した。

●今日が人生最後の日だと思った。

●近所の人とどこに逃げたら良いの?と話したが逃げ場がないと悟り諦めてコーヒー飲んでた。

●ジムで自転車を漕いでいた。

●KCC朝市で仕事してたがみんな慌てて逃げる様子もなかった。

●マウイ島のホテルのプールにいたが誰もパニクってなかった(多分遊んでたから警報に気づいてない)。

●板持って海に入ろうとした時に警報が、でもサーファーは海で死んで本望だとサーフィンした。

 

などなど、私の周りは意外に開き直って普通に行動していた人が多かったようだ。

 

だけどジムから電話して来た長男は違ってたようだ。パールハーバー基地内のジム内にいたため緊迫感が半端なかったらしく、警告が完全解除されるまで40分間ワークアウトも外に出るのも許されなかったのだそうだ。

 

マジで自分はここで死ぬのだと思ったらしい。ホノルル市内に住むガールフレンドの安否も危ないと思ったから、自宅と彼女に電話して「アイラブユー」と伝えたかったそうだ。お別れの電話だったのだ。涙もろい子だからもしかして泣いてたかも。涙

 

なのに私ときたら、電話が来たときアイラブユーの一言くらい返してあげれば良かった。可哀想なことをしてしまった。さぞかし冷たい親だと思っただろう。

 

先月ハワイで初めて弾道ミサイルの予備サイレンが鳴らされた時、万が一本当に起こってどうせ死ぬんだったら職場じゃなくて家族と一緒が良いと真剣に考えた事があった。週末の朝だったからシチュエーション的には良かった、仕事日だったらもっとパニック状態だったかもしれない。

 

しかし、後で落ち着いて考えたらその15分間にもっとやれることあったかも…日本の家族に電話したりとか、子どもに怒ってる暇があったら旦那と真面目な話したりとか、好きなもん食べたりとか(これはちょっと違うかも)。

 

実際間違いでほんとうに良かったが、平和な南の楽園ハワイで週末の朝起きた前代未聞の出来事で多くの人が共通して言ったことは、

 

「いつ何が起こるかわからないから毎日を大切に生きよう」という事だった。私もそう思う。

 

人為ミスとは人騒がせでやれやれだが、これを気づかせてくれたのはプラスだったかも。

 

 #ハワイ #弾道ミサイル #弾道ミサイル誤報  #核攻撃