ハワイより愛をこめて | シネマ日記

人生はシネマのようなもの。ハワイはオアフ島在住の主婦が大好きな映画のことや日常について綴ります

ワイキキで長岡花火

f:id:hawaii007:20170314152827j:plain

昨夜はワイキキビーチで長岡花火が上がりました。ホノルルフェスティバルの一環で最近は毎年上がってます。

長岡花火は真珠湾で終戦記念日の日に一度見ましたがワイキキで見るのは初めてでした。綺麗でした!


ところで花火を見た帰りに思い出した長岡花火の苦い思い出…


長男が17歳の時のことです。ちょうど初めてのガールフレンドが出来そうで長岡花火を2人で見に行きたいと言うのでOKしました。夫が女の子の家まで迎えに行って2人をワイキキで降ろし花火が終わったら私が2人を迎えに行きました。女の子を家に送ると庭先に彼女のご両親が仁王立ちで待っています。車から降りずに帰ろうとしていた私はお母さんにちょっと…と呼び止められました。ポカンとしている私に彼女は息子と一緒にお説教をし始めました。


なんと女の子は外出禁止令が出されていたのにも拘らずうちを抜け出して2人で花火を見に行っていたらしい。それを知らない私たち夫婦はドライバーに。私たちも話を全部知らなかった事が分かると今度はうちの息子がその奥さんにもっと怒られました(笑笑)。


うちに帰って夫にその事を話すとそう言えば女の子が裸足で慌てて車に乗って来たので可笑しいなと思ったと言ってました。オイオイ男親って鈍感だからね〜。


結局親同士が子どもをきちんと管理しましょうと電話番号を交換して決着。ティーンは言うこと聞かないし女の子の親って心配なのは分かるけどハッキリ言って女の子の方が数倍ませてましたよ。今だから言いますけどね。


2人は卒業して別れてしまいましたが、今となっては懐かしい。息子は長岡花火と聞いてもそんな事は微塵も思い出さないのだろうな。私にとっては息子の成長過程のほろ苦い思い出です。親の心子知らずとはこの事。